HOME » プロテオグリカンの驚きの効果とは? » 肌ぷるんっ!コラーゲン生成効果

肌ぷるんっ!コラーゲン生成効果

ここでは、コラーゲンやヒアルロン酸の生成を助けるプロテオグリカンの働きをご紹介していきます。

肌のコラーゲンを作り出すプロテオグリカンの効果

美容のために多くの方が取り入れているコラーゲン。

コラーゲンは人間の真皮の7割を占めており、皮膚構造を維持するために重要な役割を果たしています。真皮にあるコラーゲンのほとんどがI型コラーゲンというものなのですが、老化などが原因でこのコラーゲンの合成能力が低くなると、皮膚のハリが低下してシワやたるみに繋がると考えられています。

プロテオグリカンのEGF様作用によって、このI型コラーゲンを増やすことができます。

コラーゲン・ヒアルロン酸とプロテオグリカンの関係

プロテオグリカンには、コラーゲンやヒアルロン酸の産生促進作用があります。

コラーゲンやヒアルロン酸は美肌を作る為に欠かせない成分として有名ですね。コラーゲンはタンパク質の一種で皮膚や骨、軟骨や内臓などに存在していて、「肌の弾力を作る働き」を担っています。また、ヒアルロン酸は「肌の潤いや保湿を行う働き」をしています。

どちらも老化とともに肌で作られる量が減ってしまうのですが、コラーゲンが少なくなると皮膚のハリがなくなり、シワやたるみができやすくなります。ヒアルロン酸が減ると肌のみずみずしさやしなやかさが失われていきます。

この老化現象にストップをかけるためにはプロテオグリカンが不可欠です。プロテオグリカンは、コラーゲン・ヒアルロン酸を作ったりそれぞれの効果をしっかり発揮するための働きをしているのです。

コラーゲンやヒアルロン酸が増えるとどうなる?

プロテオグリカンによってコラーゲンが増えると、肌にとっては良いこと尽くしです。実感できる代表的な効果はこちら。

  • 肌のハリ感がアップして、シワが出来にくくなる
  • 毛穴が小さくなり、化粧のりが良くなる
  • 肌のキメが細かく、整ってくる
  • 傷が治りやすくなる

また、同時にヒアルロン酸の保水力・蓄水力もアップするので、乾燥肌や敏感肌の改善効果も期待できます。

コラーゲン・ヒアルロン酸・プロテオグリカンの3つはとても相性がよく互いに助け合って働く性質をもっていますから、3つの成分を同時に肌に補っていくとより高い効果が期待できそうですね。